神奈川県伊勢原市、厚木市、海老名市、小田原市、秦野市、平塚市、茅ヶ崎市、平塚市にて、注文住宅、リフォーム・リノベーション、自然素材住宅を手掛けるアイ創建」

Top  >  STAFF BLOG  >   内装工事の職人さん(オオギ)

STAFF BLOG

2015.09.22

内装工事の職人さん(オオギ)

20歳の時から内装工事一筋17年になるというオオギの荻原さん。

クロス貼りのコツは、下地の凹凸を少なく平らにパテで均すこと。
大工工事での石膏ボードのビスを点検しながらパテを均していきます。
パテの幅はなるべく少ない方がいいと言います。

naisou1.jpg
貼り方は天井→壁→床と順に上から貼っていきます。
クロスの選び方のコツは、なるべく厚めのクロスを選んだ方が良く、薄いとパテの影が映る場合があるようです。
好みにもよりますが、インスピレーションが大切ですよね。

もともとクロスとは、クロース(布)から来た言葉なので、布に裏打ちの紙を貼ったものでした。
最近では、時代と共に変化し、ビニールクロスが主流になりました。
色々な性能のクロスがありますので、楽しく選ぶことが出来るのがクロスの良さでもあると荻原さん。
クロスの由来を聞き、弊社では漆喰仕上げが多い中、楽しいお話を有難うございました。
これからもよろしくお願い致します。

naisou2.jpg
(平原良子)