神奈川県伊勢原市、厚木市、海老名市、小田原市、秦野市、平塚市、茅ヶ崎市、平塚市にて、注文住宅、リフォーム・リノベーション、自然素材住宅を手掛けるアイ創建」

Top  >  子育て世代応援prj  >   お月様に思いを寄せて(3) ―お月様と絵本①

お月様に思いを寄せて(3) ―お月様と絵本①

(前回からの続きです)

上の子どもたちがまだ未就園児だったころ。公民館主催講座として、月に1回、「親子読み聞かせの会」のボランティアをしていました。

9月のこの時期になると、お月様が出てくる絵本を読んだあと、みんなでお月見団子を作って食べていました。(当時は行政の子育て支援があまり進んでいませんでしたので、自分たちで「こんなこと、親子みんなでできたらいいな」を協働でしていました)。

※写真:おはなし会「お月見」の様子。みんなでお月見団子を作って食べました。

 

また、第一子が幼稚園に入園すると同時に、幼稚園での読み聞かせボランティア活動もスタート。月に1回30分、お時間をいただいていましたので、報告用通信も発行していました。

写真の『ぶたたぬききつねねこ その2』(作:馬場のぼる、出版:こぐま社)は、しりとり絵本なのですが、やま」から始まり、最後は「じゅうごや」。もちろん、途中に「ぶたたぬききつねねこ」も登場します。通信には載っていませんが、この季節の園児向けお話会の導入によく使わせていただきました。

昔の記録を読み返してみると、けっこういい時間だったなぁ…と過ぎ去りし日々を懐かしんでいます。

 

(次回に続きます)