神奈川県伊勢原市、厚木市、海老名市、小田原市、秦野市、平塚市、茅ヶ崎市、平塚市にて、注文住宅、リフォーム・リノベーション、自然素材住宅を手掛けるアイ創建」

Top  >  住まい計画のヒント  >   【天然素材】建物の寿命の話

【天然素材】建物の寿命の話

日本の住宅寿命は短いことで知られています。

床はウレタン塗装のコーティングがされた合板フローリング、壁や天井は塗り壁風のビニールクロス、建具は木目調の塩ビシート貼り、テラコッタ調のビニールフロア。

これら建材は新しいうちは清掃性に優れキレイに見えるのですが、10年もすればボロボロに劣化し、メンテナンスをしなければ住めない家になってしまいます。

新築時は費用を抑えた住まいも、20年、30年の長期で見ればメンテナンス費用がかさみ、決してお得ではない住まいとなるのです。

一方で、自然素材でつくる住まいは耐久性に優れ、経年変化が美しく住むほどに愛着がわきます。そんな家には、欧米のような「住み継ぐ家」という価値観が宿っていると思います。

iezukurikoramu35.JPG
(平原 績)