神奈川県伊勢原市、厚木市、海老名市、小田原市、秦野市、平塚市、茅ヶ崎市、平塚市にて、注文住宅、リフォーム・リノベーション、自然素材住宅を手掛けるアイ創建」

Top  >  家づくりQ&A  >   構造材の乾燥

家づくりQ&A

2018.01.01

構造材の乾燥

当社で構造材として採用している檜。乾燥も重要なファクターです。

原木から製材したばかりの材木は、水分を大量に含んでおり、「生材(なまざい)」と呼ばれる状態です。建築資材として乾燥材が求められる理由は、この生材は乾燥が進むにつれ、変形や収縮が起こってしまい、建築構造上、不具合が出るからです。

無垢の柱には「背割れ」、つまり柱の芯まで切れ目を入れている建材があります。背割れを入れておくことで、建築後の柱の収縮により、柱表面にひびが入ったり、割れたりすることを避けられます。

一般的には、背割れが入っている柱を使うことが多いのですが、当社では背割れの入っていない柱を使います。背割れが無い材木は、ゆっくりと手間をかけて乾燥させているという証拠で、材木は時間をかけて乾燥させた方が細胞を破壊せずに木材の本来持っている強度を発揮できるからです。

背割れそのものの存在は、材の強度を左右しませんが、当社は乾燥をこだわっているために、背割れが無い材料を使っているのです。