伊勢原市の注文住宅 セミオーダーの家【N様邸】上棟準備工事 | 株式会社アイ創建株式会社アイ創建

Top  >  施工現場だより  >   伊勢原市の注文住宅 セミオーダーの家【N様邸】上棟準備工事

伊勢原市の注文住宅 セミオーダーの家【N様邸】上棟準備工事

伊勢原市の注文住宅N様邸、基礎工事も完了し、上棟式に向けて準備完了です。

伊勢原 注文住宅 上棟

桧の無垢材を土台と柱に標準的に採用しています。

土台と大引は剛床工法で組んでいます。
剛床工法とは、根太と呼ばれる床板を支える細い木を設けず、床下地合板の厚みを厚くして、
直接土台や梁材に留め付ける床組みです。
一般的な根太工法に比べ、地震や台風時に発生する水平力に対して強く、歪みにくい利点があります。

伊勢原 注文住宅 上棟

基礎と土台の間のパッキンにも拘りがあり、一般的には樹脂やプラスチック製が使われていますが、
私どもでは御影石のパッキンを使っています。
天然石なので変質せず、耐久性も半永久的です。

伊勢原 注文住宅 上棟

架設足場の設置も完了し、近日中にいよいよ上棟式を行います。