神奈川県伊勢原市、厚木市、海老名市、小田原市、秦野市、平塚市、茅ヶ崎市、平塚市にて、注文住宅、リフォーム・リノベーション、自然素材住宅を手掛けるアイ創建」

Top  >  STAFF BLOG  >   秋から冬に向けての寄せ植え

STAFF BLOG

2012.11.23

秋から冬に向けての寄せ植え

並木町モデルハウスの庭に置いてある寄せ植えの植え替えをしました。多年草だけを植えれば植え替えの手間はかからないのですが、私は一年草も使ってそれぞれの季節ごとの花やカラーリーフを楽しんでいます。同じ季節でも毎年使う花や色味を変えると、お庭の印象が違ったものになります。

寄せ植えを作るときは、組合せを考えるのが一番難しいですね。色味は統一するほうが簡単なので、私は例えば「ピンク系」と決めることが多いです。

また、単調にならないよう、花や葉の大きさを大小組合わせることです。決めた色味のカラーリーフを取り入れてもポイントにとっても素敵です。あとは高さです。飾る場所がお庭の端に面していれば、手前を低くして徐々に後ろを高くします。もしお庭の中央に置くのであれば、中心を高くして、それを囲むように周囲を低くし、どこから眺めてもきれいな形に仕上げます。全体の使用ポット数ですが、どうも奇数のほうがきれいに見えるみたいです。

 

材料を買いに花屋さんに行くと、パンジー・ビオラに加えて、牡丹が並んでいてこんなところからも冬のお知らせを感じました。

(大塚)