アイ.創建ブログ

2017.08.18【子育て世代応援プロジェクト】 子供部屋という考え方

子供部屋の計画は、保護者の皆様の子育ての価値観に沿って計画することを、
いつも心がけています。

欧米では、子供の自立心を育むために、幼い頃から自分の部屋を与えるのが一般的。
同じような価値観の親御さんも、多いですね。

一方で、子供部屋を与えるのは、できるだけ遅い方が良いとの考えの親御さんもいらっしゃいます。
勉強したり、友達と遊んだりするのは、家族の居る場所。
しっかりとコミュニケーションを取って育てたいというご意向の様です。

子供とできるだけ一緒に過ごしたいというご希望があるならば、
リビング周りに、子供のための場所を作ってあげましょう。
広く取れるに越したことはないのですが、一人当たり3帖もあれば十分でしょう。

更に、0歳から成人する20歳まで、そこでどのような行為が想定できて、どのような場所が欲しくなるか?
その年齢の子供になったつもりで考えてみて下さい。
更には、子供の目線の高さから住まいを見渡すと、新たな発見もあるでしょう。

一つだけ言えるのは、勉強したり、遊んだりと、何かと忙しい子供達は、
それらに思いっきり取り組める最適な場所を、選びたい気持ちもあるはずです。
そんな気持ちに応えられる器を提供するだけで、親の義務は果たせるのではないかと思うときもあります。

後は、子供が勝手に工夫を凝らして、居心地の良い場所にするはずです。

※子育て世代応援プロジェクトについては、こちらまで。
「30坪、税込み1,650万円の天然素材の家」
solana_pj6.JPG

(平原績)