アイ.創建ブログ

2017.03.05コラム 「呼吸する壁、しっくいのちから①」


-世界中で愛されてきた伝統的な建材-


5000年前、ピラミッドの内部には、しっくいが使われました。
しっくいはその後、エジプトからヨーロッパ各地へ広められたほか、シルクロードを通って中国へ。
日本へは1300年前に伝えられたと言われています。

昔の生活は、今ほど衛生的でなかったため健康を保ちながら暮らすのは大変なことでした。
人々は様々な知恵で暮らし方を工夫するなかで、その経験から「しっくい壁の家に住む人は
病気になりにくいようだ」と、しっくいの良さを知り、生活に役立てたのです。
しっくいは防火と耐久性に優れているため、蔵やお城にも用いられていました。
長い時間をかけて人々の信頼を得てきた、安全・安心な建材です。

iezukurikoramu64.JPG

(平原 績)