アイ.創建ブログ

2016.12.27コラム 「設計のひと工夫③」


-お子様の就寝時間-


前回の厚木のT様のお話に続き、今回は伊勢原で弊社の自然素材の住宅を
4年前に建てられたM様にお聞きしたエピソードです。

以前訪問した際、私自身も子供が2人いることもあり、子供の生活リズムのお話で
盛り上がりました。
M様の小学校低学年のお子様は、夜9時に布団に入ると一瞬で眠りにつくようです。
これは子供によって様々で、小学校低学年でも夜更かしをする子供もいるようです。
M様のお考えではその差は、どれだけ毎日外遊びをするかで変わるとのことでした。
体をしっかりと動かしてお腹を空かせてしっかり食べる。ごく当たり前のことですが、
子供の時期のリズムが非常に大切みたいです。
この時期は勉強よりも、体力をつけて免疫力を向上させバランスのとれた健康な体を
つくるのが何よりで、長い目で見れば脳にもその方がいいみたいです。

なるほど、この大切な考えに従うと、子供部屋にも工夫の余地がありそうだし、
外でなかなか遊ぶ場所が無い都会なら、家の中で体を動かせる工夫を施してもいいですよね。
子育ての秘訣から設計のアプローチを、これからもしっかりとご提案していきたいと思います。

(次回4回目に続きます)

iezukurikoramu52.JPG

(平原績)