アイ.創建ブログ

2016.12.20コラム 「設計のひと工夫②」


-食育をお住まいでも-


前回の厚木のT様宅でのお話の2回目です。
最近「食育」という言葉を良く耳にするようになりました。
T様が勤務していた保育園でも地元の野菜を使い、園児による調理学習の時間があったようです。

T様いわく「この時間はみんな活き活きとした表情で取り組んでいました」とのこと。
野菜を育てた人から素材を受け取り、それについた泥を洗い落とし、包丁で切って調理する。
それでやっと食べられる。

子供たちはこのプロセスで様々な新しいことを経験し、様々な発見があるのでしょう。
住まいの中でも、それが出来れば最高ですね。家庭菜園で育てた野菜を親子で調理する。。。
そんな休日も何だかとっても素敵ですよね。
こんなひと時を新しい住まいで過ごすことを想定するならば、菜園-土間(パントリ)-キッチンという
動線を確保すれば、便利で一層楽しくなりそうな気がします。
(次回3回目に続きます)

iezukurikoramu51.JPG


(平原績)