アイ.創建ブログ

2016.09.29三角屋敷に行きました


「湘南発祥の地」大磯の大磯駅そばに重厚感あふれる洋館があります。
大正元年竣工の旧木下家別邸です。
ツーバイフォー工法を採用した国内に現存する最古の建物で、
切妻屋根の下見板張りの外観、各部屋にベイウィンドウ(出窓)を設けた優美な佇まいで、
シンメトリー+派手すぎない装飾が逆に目を引きます。

敷地の形状が三角形だったことから、住民からは「三角屋敷」と呼ばれて
親しまれてきたそうです。

中に入れなかったのがとても残念ですが、2階の海側は一面サンルームになっており、
相模湾が一望できるそうです。

kinshitatei1.jpg

(大塚)