アイ.創建ブログ

2016.08.12コラム 「子育てと健康住宅⑧」


-天然素材は美しい-

天然素材は、長い年月をかけて素材そのものの持つ魅力が増していくとともに、
機能的でいつまでも長持ちし、使うほどに愛着がわいてきます。
性質や機能を理解し、適材適所に天然素材を使えば何世代にも渡って
住み継げる家になるのです。

iezukurikoramu41.JPG

玄昌石は2億数千年の時を経て形成された粘板岩で、強度、耐久性に優れた
特性を持ち、永い年月にも変質しにくいのでヨーロッパでは古くから屋根材として
利用されてきました。

iezukurikoramu42.JPG

漆喰の成分はカルシウムでもある石灰岩で、1200度の熱でも燃えず、湿度を調節したり
空気を浄化する作用を持っています。白さの秘密は固まるときにできる結晶が輝いて見える
からです。

iezukurikoramu43.JPG

天然木は時間が経てば自分の油で美しくなります。無垢の木は、季節によって反ったり
隙間が出来ることもありますが、それは木が呼吸をしている証拠です。

iezukurikoramu44.JPG

珊瑚に貝の化石なども入っているコーラルストーンは、中国では七宝のひとつとして
扱われています。石は時とともに表情を変え、建物の外観にも美しい陰影をつくり出しています。

(平原 績)