アイ.創建ブログ

2015.07.04「創エネハウス」で住まいのあり方を考える③


ENEOSが提案する、「わが家でつかうエネルギーをわが家でつくる家=創エネハウス」。
二つ目の特徴である、自然の力を活かすパッシブ設計。
パッシブ設計とは、設備や建材に頼ることなく、自然の力をうまく取り入れる設計手法のことです。
太陽の光や風をうまく利用して、快適な室内環境をつくります。
窓から冬は日差しを取り入れて部屋の空気を暖め、夏は軒や庇で遮ります。
スキップフロアを採用し、下から上への自然な風の流れを増強する効果を狙います。

souenehouse3.jpg

(大塚)