アイ.創建ブログ

2015.07.01「創エネハウス」で住まいのあり方を考える①


神奈川県建築士会の中支部では、定期的に建築・まちづくりを学ぶ勉強会を開催しています。
今回は、横浜市大倉山にあるENEOS創エネハウスを見学しました。
ENEOSが総合エネルギー企業として、「わが家でつかうエネルギーをわが家でつくる家=創エネハウス」
という、住まいのあり方を提案した、体験型モデルハウスです。

その特徴としては、
①エネルギーを創る・貯める・見える化機器のエネファーム、太陽光発電システム、蓄電池、HEMSの導入
②自然の力を活かすパッシブ設計
③断熱・気密性を高めた構造の採用
が挙げられます。
開口部に取り付けたL型の庇が印象的なシンプルな外観です。

souenehouse1.jpg

(大塚)