アイ.創建ブログ

2015.06.25住まいのセンスアップ(その10)


所有するモノの量のコントロールが大切なことを前回お話ししましたが、
「保管」・「処分」について、もう少し詳しくお話しします。
先ずは、「保管」について。

所有しているモノの量が、住まいの総面積と収納スペースに見合った
ものであるかを考えます。
限られたスペースを有効に使って、沢山しまえるように工夫することに
目が向きがちですが、あまりにもギュウギュウ詰めの状態ではNGです。
モノを使いたいときに、使いたい場所ですぐに出せて、しまいやすいという
"機能的な収納"が快適な暮らしの基本であると言えます。

家の中の全てのモノが、しまうべき位置に使いやすく収まっていれば、
家全体のモノを適量に維持出来ていると判断してよいでしょう。

機能的な収納を実現させるポイントは、それぞれのモノにとって最適な指定席は
何処であるかを考えること。収納場所を変えるだけでも、ずいぶん快適さが
増すものです。
また、何と一緒にまとめて収納しておくかも大事。生活スタイルも考慮に入れながら、
一つひとつのモノの最適な指定席を作っていきましょう。

iezukurikoramu13.jpg

(平原績)