アイ.創建ブログ

2014.10.05台風対策について①


大型で強い台風18号が関東に接近しています。
自分自身で出来る限りの対策を行うことで被害を未然に防ぐことが出来るのです。
以下、その対策をまとめてみました。

[台風が来る前]
・飛散物や猛烈な風で窓が壊れるのを防ぐため、シャッターや板などで窓の補強をする。
・窓ガラスが割れて怪我をしないよう、ガラスに布テープなどを貼り、カーテンやブラインドを下ろす。
・風で飛ばされそうなものは固定するか、風の影響を受けない場所に移動する。
・非常事態に備えて、次のものを事前に用意しましょう。
※食料品、飲料水、薬、カセットコンロ(カセットボンベ)、携帯ラジオ、懐中電灯(乾電池)、衣類、貴重品など。
※また浴槽に水を貯めておき、断水時の生活用水として利用出来るよう準備する。
・お住まいの地域の避難場所を確認する。

[台風が近づいてきたら]
・テレビやラジオの台風情報に注意する。
・外出しないようにする。
・被害の発生しやすい地域の方は、安全な場所に避難する。

[危険が迫ったら]
・危険を感じたり、消防署や市町村などから指示があった場合に備えて、すぐに避難出来るように準備する。
・高潮警報が出たら、沿岸付近、低地地域の方は高台に非難を始める。

避難する際には、火の元を必ず確認し、隣近所にも声を掛けて、地域で協力して行いましょう。

(平原 績)