アイ.創建ブログ

2012.06.25日本の伝統的な行事

先日、京都市内の「番匠保存会」が行っている、「ちょうな始め」という

日本建築界の伝統的な儀式を見る機会がありました。

「ちょうな始め」は元々、京都では正月の二日に一年の仕事始めとして行わ

れていました。

京きやりの音頭に合わして、御木を運び、正面にはお供物を飾ります。

そして、墨矩の儀、墨打の儀、釿始めの儀と順に儀式を行っていきます。

次に、お供物を下げ直会を行います。

会場はとっても厳粛な雰囲気に包まれていました。

日本の伝統的な行事を自分の目で見て体感することが出来、本当に良かった

と思います。

(平原 績)